top of page
  • nobusato

侍浜の家・補修

更新日:2021年8月2日

学生時代に後輩と一緒に修繕した侍浜の家

2013年に改修して、その後5年くらいはかなり使った。桃ビレ作るときは1ヶ月近く合宿もはったし、たくさんの後輩との思い出。


しかし、2019年にも沢の増水で水をかぶってしまい、長らく使っていない状態が続いた。


この住宅を、再び、住める状態にするというのが今回のミッション。

ちょっと現場色が強いので、男子学生に声をかけてプロジェクト始動。


牡鹿半島で猟の修行を始めた方が入居する予定。




大きくは、床の張り直しや造作家具の作成など。

実物に触れながら学ぶことの効果はとてつもなく大きい。




自分の技術や知恵、工夫が、誰かのためになる。

そんな経験になれば。


bofre


after



閲覧数:94回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2016年に書いていたことは「地域の自助・共助・公助」 2019年に書いていたことは「建築文化」 2020年は「リサーチング・プレーヤー」 2021年は「楽しいが身の回りにあること」 2022年は「生活民芸舎」 2023年は「むきあう」 ーー 最近、考え方が少し変わってきたのかもしれない。 成果をあげることや、何かを作り上げることよりも、 自分がどれだけ納得できるのかに興味が移ってきた。 自分の行

bottom of page