• nobusato

和歌山の冷水浦へ

建築学会農村計画委員会の水際居住小委員会という謎の集団に潜入しました。

まともな学会活動はやったことがなく、あぁこういうのも大学の先生の仕事なんだなぁ、と。

一人で全責任を背負って考える仕事だからこそ、

仲間と考えることで見えてくる前進もある。

自分を相対化することもできる。


今回訪れたのは、大工のいとうともひささんが住む集落。

うちの学生も修行に行っている。


のびのびと、でも楽しく、そして利他的なふるまいはとても良かった。

思想の近しい人と話す時間は最高に楽しい。




閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示