• nobusato

木曽平沢に小屋を新設

協力している「木曽平沢ふるもの市」は立派なお庭がある。 そのお庭に、壊れそうな、トタン張りの小屋が建っていた。

この小屋は路地に面しており、

トタンの外壁に面した路地は、抜けのない、少々窮屈な印象の路地になっている。

この小屋を壊し、

小屋から出てきた材料を転用して、再整理すること。

これがこのプロジェクト「平沢の塀」の役割であった。


まずは小屋を解体し、丁寧に部材をより分ける。


その後、部分的に新材を入れ、加工をし、



建てる。



今回は、縦材を古材で、横材を新材で構成した。



工期が遅れ、全てを作り込むことはできなかったが、ひとまず、2棟の小屋が、自立する形にするところまでできた。6日で2棟あげたので、まぁまぁ、かな、と。





敷地境界には、古材を集積することでできるルーバー。

その場に建っていたモノの配列を変えることで、快適な場を再編する。

そんな取り組み。


そのうちまた完成に向けて頑張る。


70回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示