top of page
  • nobusato

研究室の什器制作

研究室をもっと使いやすくしたいな、ということで、

3年生だけで什器をデザインしています。

もちろん自主施工。


午前中に工具の使い方を説明して、

そこからワッと。


モノを作る、ということは、とても学びが多く、

そして、楽しい時間なようです。

毎年やるわけではないのですが、都度、面白いと思った什器を作って行くのは楽しいかもしれない。


今年は、

・鉄筋を使ったコート掛けなど

・軽量鉄骨を使った机

・竹を使った模型棚の増設


建設過程に出てくる素材の意味を読み替え、表現するというもの。

そういったものが当たり前に身の回りにあるという環境は、建築を学ぶものとして、極めて欲求的で帰結的なのかもしれない。


かっこいいのになったら嬉しい。

3年生は元気だ。






閲覧数:77回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2016年に書いていたことは「地域の自助・共助・公助」 2019年に書いていたことは「建築文化」 2020年は「リサーチング・プレーヤー」 2021年は「楽しいが身の回りにあること」 2022年は「生活民芸舎」 2023年は「むきあう」 ーー 最近、考え方が少し変わってきたのかもしれない。 成果をあげることや、何かを作り上げることよりも、 自分がどれだけ納得できるのかに興味が移ってきた。 自分の行

bottom of page