• nobusato

研究室の什器制作

研究室をもっと使いやすくしたいな、ということで、

3年生だけで什器をデザインしています。

もちろん自主施工。


午前中に工具の使い方を説明して、

そこからワッと。


モノを作る、ということは、とても学びが多く、

そして、楽しい時間なようです。

毎年やるわけではないのですが、都度、面白いと思った什器を作って行くのは楽しいかもしれない。


今年は、

・鉄筋を使ったコート掛けなど

・軽量鉄骨を使った机

・竹を使った模型棚の増設


建設過程に出てくる素材の意味を読み替え、表現するというもの。

そういったものが当たり前に身の回りにあるという環境は、建築を学ぶものとして、極めて欲求的で帰結的なのかもしれない。


かっこいいのになったら嬉しい。

3年生は元気だ。






52回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

NAFの感想

今年も中部卒業設計展のレビューを。 今年は審査委員長に塚本さんがいたこともあって、NAFの公開審査も聴講した。自分以外の講評を聞くのもいいなぁ、と。さて、感想。 まずは例年通りぐるっと会場を回る。最初の興味は卓越した作品があるのか。 ざっとみたところ、3つくらいは残るなぁ、と。 コーガ石を使った作品(119)、閘門を扱った作品(160)、千曲川水害からの復興(136)。これらは模型表現とシート構成

3月11日

何を書こうか、何も書かなくてもいいのか。 でも、誰かに何かを伝えるためではなく、 ただただ、その瞬間の自分が感じたことを、 刹那的にでも記すのをこのブログのコンセプトにしている。 だからこそ、何も帰結点のない言葉を記す。 商業的な理由がメインではなく、 精一杯心を込めて歌うというか語る人々をみて、 なんとなく、今ここの自分を考えたいなと。 10年は子供から大人になった時間だった。 でも、やっぱり、