top of page
  • nobusato

神山町の視察+卒業設計中間発表

大学に伊藤暁さんをお呼びするのに先立ち、神山町の建築の視察へ。


訪問に際しては、伊藤さんとオンラインで繋ぎ、建築のストーリーをきく。

サテライト、えんがわオフィス、WEEK神山と見学は続く。





得難い時間だった。やっぱ外でないとだめね。


途中で訪れたfoodHUBプロジェクト、サイコーだった。あと、上勝ゼロ・ウェイストセンターも。







外に出ると学ぶことは多い。学生を連れ回そう。


その後、伊藤さんには大学にお越しいただき、レクチャー+卒制の中間も。

「気持ちはわかる!」

という言葉は寄り添って、足りないところを示す。おおらかな言葉。

真似しよう。





閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2016年に書いていたことは「地域の自助・共助・公助」 2019年に書いていたことは「建築文化」 2020年は「リサーチング・プレーヤー」 2021年は「楽しいが身の回りにあること」 2022年は「生活民芸舎」 2023年は「むきあう」 ーー 最近、考え方が少し変わってきたのかもしれない。 成果をあげることや、何かを作り上げることよりも、 自分がどれだけ納得できるのかに興味が移ってきた。 自分の行

bottom of page