top of page
  • nobusato

秋の漆器祭と木曽の木工展

経営している生活民芸舎の活動も忙しい。

さすが芸術やらスポーツやら、なんやらかんやらとにかく言われる秋。

色々と企画を頑張りました。


秋の漆器祭では、いつも通り、ふるもの市をオープン。


9月からはじめた金継ぎ講座も、すでに5回目が終了。

漆器祭の日も開催しました。

漆の可能性に驚愕するとともに、こういう、スキル型のコミュニティは可能性があるなぁ、と。


11月初頭には、木曽でご活躍される作家三名を招いた木曽の木工展も。

かっこいい展示になりました。







閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近考えていること。2024

毎年、新年になると書く、現在地の確認。 そして、昨年を思い返す。 名古屋に来てから定期的に書くようになったから、もう6年目。 2016年は「地域の自助・共助・公助」 2019年は「建築文化」 2020年は「リサーチング・プレーヤー」 2021年は「楽しいが身の回りにあること」 2022年は「生活民芸舎」 2023年は「むきあう」 2024年は「暮らしをつくる」 ーー 2023年は、プロジェクトが

Comentarios


bottom of page