• nobusato

農村計画学会の機関紙に寄稿しました。

農村計画学会という、とても素敵な学会に寄稿しました。なんと超若手ながら4ページも書かせていただきました。

農村計画学会 2020年6月号目次


農村計画学会、思えば、博士課程3年次かなぁ、論文を読み漁っていると、とても精度の高い論文が多く興味を持ったため、東京大学で行われた大会に参加してみた。なんのコネクションもない場だったので、ただ学会のポスターセッションをみて、それでシンポジウムを聞きました。

良い学会だなぁ、と。思った記憶が。

いつか入ろうと思いました。


しかしながら、縁なく、そんな心は忘れていましたが、

そんな折、大阪大学の下田先生から、

特集:漁村

への寄稿を依頼されました。


今回は、今までずっと活動だけしてきた石巻市水産業担い手センター事業について書くことにしました。

コロナの状況下、なかなか時間がうまく取れませんでしたが、ひとまずこれまでの活動を整理できたかと。


建築に何も関係のない、漁村での活動の継続について記したものです。

なかなか、建築学科の学生や先生方に理解してもらうのは難しいですが、

建築を通して目指している未来と、活動を通して目指している未来は一緒。

広い視座で見ると、一つの建築作品を残すことに負けない意義と社会への還元があると思って、今後もお手伝いを続けていきます。

25回の閲覧

最新記事

すべて表示

 近況 10/17

気がついたら前回の更新から2ヶ月経っていました。 その間、色々な動きがありました。 ・日本建築学会:東日本大震災10周年シンポジウムWG5 東海支部 では、色々な研究者のお話を聞いていただき、また、自分の経験をお伝えする機会でもありました。未来の沿岸部のあり方を少しでもよくする手助けができれば、何よりです。 ・オブザーバー|よなよなZOOM公務員回 特に、よなよなZOOMは本当に、面白い。だんだん

近況 8/12

早いもので前期が終わり、採点に勤しんでいます。 前期は見知らぬオンライン授業というものにトライし、それでも教育の質を落とさないように努力を続けていた期間でした。2年ぶりに全授業をリニューアルして(不思議と2年周期で直している)、色々な学びの場面を提供しつつ、ゼミ生のモチベーションを維持しながら頑張れる環境を整えていた感じ。 なかなか先を見通せないフィールドワークは凍結。 個々のプロジェクトは速度を