top of page

4期生の修了と6期生の卒業

名古屋にきてはや6年。

なんやかんや、長い。


無事、卒業式を迎えた。

みんな、おめでとう!!

おじさんは今風のピースの仕方がわからない。そうか。下に向けてやるのか。




着任して1年目の学生がついに出る。

いよいよ1周。

ずっと一緒に歩いた仲間でもある学生の修了は寂しい限り。

しかしながら、立派に自分を鑑みて、相手を思いやれる、そんな人にきちんと成長して巣立っていくのは、そこそこ頼もしい。

長く一緒にいて、本当によかったな、と思う。

修了生の可能性はかなり大きいな、と改めて。


学部生もよく頑張った。

こんなにも濃密に研究を頑張ってくれたのは、6年目で初。

卒論とは思えないクオリティのものが何本もあった。

そのまま卒制も駆け抜けるかな、と思ったけど、

なかなかそうもうまくいかないのが難しいところ。

でも、卒制なんて、自分と向き合うことができればそれでいいとも思う。

過度に評価を得ることを目指したりしてもよくないし、

問いたいことに全力をかけることが何より。

そういう意味では、問いのある卒制しかなかった。

ただ、完成度には課題が残る。


今年は、彼らの意思を尊重した。

スケジュールの目安は伝えるも、それを強要することはしない。

クオリティを上げることを投げかけるも、こちらからその努力はしない。

ある程度の自主性を尊重。

その功罪はあるけど、今はこれくらいがちょうど良いんだろうな、と。

あとは、目標をきちんとチームで掲げることの尊さも感じた。

今年の反省を生かしてまた頑張る。


一緒にプロジェクトを進めたのも楽しかった。

佐藤自体の評価や獲得が徐々に出てきた段階。

なので、プロジェクト自体が充実した。

同時に、任せる、ということができた学年。

彼らとの時間で、また一つおじさんになった。笑。

研究室としても新しいフェーズに導いてくれた感はある。

結果、みんなそれぞれ失敗した。

けど、失敗をして成功をした。

そういう時間を持つことを大切にしたのは初めての経験だった。

この経験が、卒制を任せる決断にもつながったのだと思う。

いいんだよ。悔しい思いしても。それを活かせば。


ともあれ、駆け抜けた1年だったなぁ。

1年前の彼らと今の彼らは全くの別人。

できることも増えたし、きちんと一人前の大人として歩み出している。

卒業はスタート。

今年のみんなの未来には期待しかない。






閲覧数:133回0件のコメント

Comentários


bottom of page