• nobusato

牡鹿漁師学校-山編- PROGRAM3を実施しました。


2016年に山の木を切り、その木を2月に運び出し、ようやく3月に家具を製作しました。かけた時間は4ヶ月。作業日数は6日間。 時間をかけて、でも、実はそんなに負担にならずに何度も地域を訪れる。 そんなモデルになるのかな、と思った山編でした。

山の木の特徴を生かすことを理念に、四つ割の支柱のイス、小径木チェアや小径木デスクなどを作成しました。

色々と企てていることや展望もありますが、

まずは家具を作ってできて、獲れたばかりの魚をさばいて美味しいものを食べる。

それだけでも素晴らしいな、と。

楽しかったです。

#活動

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

近況 8/12

早いもので前期が終わり、採点に勤しんでいます。 前期は見知らぬオンライン授業というものにトライし、それでも教育の質を落とさないように努力を続けていた期間でした。2年ぶりに全授業をリニューアルして(不思議と2年周期で直している)、色々な学びの場面を提供しつつ、ゼミ生のモチベーションを維持しながら頑張れる環境を整えていた感じ。 なかなか先を見通せないフィールドワークは凍結。 個々のプロジェクトは速度を

農村計画学会の機関紙に寄稿しました。

農村計画学会という、とても素敵な学会に寄稿しました。なんと超若手ながら4ページも書かせていただきました。 農村計画学会 2020年6月号目次 農村計画学会、思えば、博士課程3年次かなぁ、論文を読み漁っていると、とても精度の高い論文が多く興味を持ったため、東京大学で行われた大会に参加してみた。なんのコネクションもない場だったので、ただ学会のポスターセッションをみて、それでシンポジウムを聞きました。