• nobusato

タイニーハウスを建設する「サマースクール」開催します


東日本大震災の津波被害を受けた宮城県石巻市桃浦では、色々な人に漁業を知ってもらい、できればその担い手になってもらえることを願って、桃浦住民、筑波大学との協働で、2013年から牡鹿漁業学校を開催してきました。回数を重ねる中で、漁村での暮らしへの認識も深まり、海とともに里山も重要な地域資源であることがわかってきました。

そして2017年夏、牡鹿半島を舞台にした「アート」「音楽」「食」を楽しむ新しいお祭りReborn-Art Festival[主催=Reborn-Art Festival実行委員会/一般社団法人APバンク]の開催に向けて、手入れの行き届かない森を間伐し漁村とその里山を持続させる場、そして人と人が出会う場、人と自然が出会う場として、桃浦ビレッジの整備が進められています。

桃浦ビレッジは、都市部では遠ざけられている身の回りの資源と直接的に関わりあって暮らしを組み立てていくことを学ぶ研修の場であり、管理棟である「メインハウス」と4名程度がとまれる宿泊棟「タイニーハウス」から成ります。

今回、そのタイニーハウスの建設自体を森と浜をつなぐ場、学びの場とするために、このサマースクールが企画されました。メインハウス[設計アトリエ・ワン]にとまりながら、タイニーハウス2棟を設計者である若手建築家チーム[dot architects /satokura architects]とともに、地元の大工さんに学びながら建設します。また地域の林業ネットワークの再生の試みとして、タイニーハウスの建設には、地元森林組合やボランティアとともに伐採・製材した敷地に植えられていたスギを活用します。

桃浦の海と森と建築を一度に楽しめるサマースクールで、夏の一週間を過ごしてみませんか!?

応募フォームは下記となります。 https://goo.gl/forms/2i9hRhQbTczEHbhG3 ご興味のある方は是非奮ってご参加下さい!

主催|一般社団法人apbank / 一般社団法人 Reborn-Art Festival

共催|筑波大学貝島桃代研究室+佐藤布武研究室

連絡先|029-853-2718

設計|dot architects / satokura architects(佐藤布武+大倉健)

フライヤーデザイン|neucitra

#予告

50回の閲覧

最新記事

すべて表示

近況 8/12

早いもので前期が終わり、採点に勤しんでいます。 前期は見知らぬオンライン授業というものにトライし、それでも教育の質を落とさないように努力を続けていた期間でした。2年ぶりに全授業をリニューアルして(不思議と2年周期で直している)、色々な学びの場面を提供しつつ、ゼミ生のモチベーションを維持しながら頑張れる環境を整えていた感じ。 なかなか先を見通せないフィールドワークは凍結。 個々のプロジェクトは速度を

農村計画学会の機関紙に寄稿しました。

農村計画学会という、とても素敵な学会に寄稿しました。なんと超若手ながら4ページも書かせていただきました。 農村計画学会 2020年6月号目次 農村計画学会、思えば、博士課程3年次かなぁ、論文を読み漁っていると、とても精度の高い論文が多く興味を持ったため、東京大学で行われた大会に参加してみた。なんのコネクションもない場だったので、ただ学会のポスターセッションをみて、それでシンポジウムを聞きました。