top of page
  • nobusato

飯豊町・景観調査


散居景観が有名な山形県の飯豊町に、世界遺産専攻の黒田先生と調査に行きました。

「美しい景観の中に暮らしがあるのではなく、農業の営みの延長線上に景観ができただけ。景観を守るのではなく暮らしと生業を守るべき。」

結果として生まれた美しいものを守ることで、根底である生活の営みに還元する。

住民の方から頂いた言葉に学ぶ旅でした。

あと、いいでやまおうっていうソフトクリームがすごく美味しかったです。

写真撮り忘れました。次は撮ります。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2016年に書いていたことは「地域の自助・共助・公助」 2019年に書いていたことは「建築文化」 2020年は「リサーチング・プレーヤー」 2021年は「楽しいが身の回りにあること」 2022年は「生活民芸舎」 2023年は「むきあう」 ーー 最近、考え方が少し変わってきたのかもしれない。 成果をあげることや、何かを作り上げることよりも、 自分がどれだけ納得できるのかに興味が移ってきた。 自分の行

bottom of page