• nobusato

サマースクールを開催しました。


「もし自分の家を作る際に、自分でできる部分を自分でできる人が増えれば、建築への愛着はもっと増えるのではないか?」

「そして、建物に関わるのになれた人々は、自分の家のメンテナンスのやり方がわかるんじゃないか?」

そんな思いから、一般参加者が建設に関わる機会を作りたいと考えていました。

今回のサマースクールでは、

「多くの人が関わりながら建設する」ということにトライしました。

言うは易く行うは難し。

一般の方に建設の流れを伝えるのは本当にむずかしかったです...。

天候や工程がどんどん動く中で、他者に物事を伝えつつ、建設を進める。

というのは正直、容易ではありませんでした。

できることとできないことをきちんと整理し、今後に生かしたいと思います。

私も参加しましたが、白川郷のナショナル・トラストでは、多くの一般参加者が一緒に屋根を葺く「現代版・結」が行われています。出来上がった黄金色の屋根をみて参加者は帰りますが、きっと、数年後、地域に馴染んだ茶色の屋根をみに戻ってくると思います。

今回のサマースクールに参加した人にも、いつの日か「もものうらビレッジ」に戻ってきてもらえたら、これ以上の喜びはありません。

参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

#活動

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

近況 8/12

早いもので前期が終わり、採点に勤しんでいます。 前期は見知らぬオンライン授業というものにトライし、それでも教育の質を落とさないように努力を続けていた期間でした。2年ぶりに全授業をリニューアルして(不思議と2年周期で直している)、色々な学びの場面を提供しつつ、ゼミ生のモチベーションを維持しながら頑張れる環境を整えていた感じ。 なかなか先を見通せないフィールドワークは凍結。 個々のプロジェクトは速度を

農村計画学会の機関紙に寄稿しました。

農村計画学会という、とても素敵な学会に寄稿しました。なんと超若手ながら4ページも書かせていただきました。 農村計画学会 2020年6月号目次 農村計画学会、思えば、博士課程3年次かなぁ、論文を読み漁っていると、とても精度の高い論文が多く興味を持ったため、東京大学で行われた大会に参加してみた。なんのコネクションもない場だったので、ただ学会のポスターセッションをみて、それでシンポジウムを聞きました。