top of page
  • nobusato

なぜ水産業の担い手を求めるのか

更新日:2020年1月1日


2015年から石巻市水産業担い手センター事業に携わっています。

「漁業の専門家じゃないのにいいのか?」

と感じることは多々あります。

でも、できないことを嘆いてもしょうがない。

できることを活かして笑って生きたいな、と。

確かに漁業の専門家ではありません。

でも漁村研究の専門家とは名乗れると思います。

建築で培ってきた様々な知識やスキルを応用して、役に立つこともあると思うし、

あったらいいな、と願っています。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近考えていること。2024

毎年、新年になると書く、現在地の確認。 そして、昨年を思い返す。 名古屋に来てから定期的に書くようになったから、もう6年目。 2016年は「地域の自助・共助・公助」 2019年は「建築文化」 2020年は「リサーチング・プレーヤー」 2021年は「楽しいが身の回りにあること」 2022年は「生活民芸舎」 2023年は「むきあう」 2024年は「暮らしをつくる」 ーー 2023年は、プロジェクトが

bottom of page