• nobusato

建築雑誌2月号

最終更新: 1月1日


建築雑誌2月号の特集

共感の時代の専門家の社会参加|現場からの報告

という小さなコーナーに寄稿させていただきました。

「漁村の公共性」というタイトルで、

研究からもものうらビレッジまでの流れに関して触れています。

もものうらビレッジからの景色。

一ヶ月ぶりくらいの牡鹿半島、絶景でした。

少し距離を置くと(一ヶ月だけですが。)その良さを改めて痛感します。

翻って今月は毎週末...。

ちょくちょくアップします〜。


0回の閲覧