• nobusato

高知に行きました。

最終更新: 1月1日


卒業論文・制作を行う学生の付き添いで、高知の大月町に行きました。

たまたま西日本豪雨の前から出張を予定していて、

現地に状況を確認したところ、

西日本豪雨の爪痕が残るけれども、どうにか交通的にも倫理的にも集落調査ができそうな状況でしたので、戸惑いながらも集落調査を行いました。

大変な状況もありましたが、同時に力強い景観もありました。

復旧過程でも自助・共助の力強さも伺うことができ、学びの多い日々を過ごさせていただきました。

「ローカル調査を通して少しでも地域に還元する」

それは佐藤の小さな目標ですが、その責任を再確認しました。

日々精進します。

テングサを干すおばあさん。

日々の営みが景色を作る。

石垣の集落からの夕焼け。

芋干し

空飛ぶかえる。凛々しい。

(棚橋由紀子の調査に同行)

#調査

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

Nagoya Archi Fes.をみて

通称NAFは、中部圏の卒業設計展。 近年は、学生からするとせんだいデザインリーグの聖地性というか、ネームバリューのようなものは減ってきているようで、対話式の福岡デザインレビューを重視しているものもいるし、うちの大学だとバランスの良いNAFしか出さないものも多い。時代を感じる。 実際、今年のNAFの審査員は豪華(内藤さん、島田さん、近藤さん、三谷さん。本来はそこに中山さんと中川さん)で、ここで、時間