• nobusato

三陸沿岸調査 11月

最終更新: 1月1日


岩手の漁村の調査をしました。

宮城と少し土地条件が違うため、集落の成り立ちにも違いが見られます。

今年から来年にかけては岩手の漁村の調査にも力を入れます。

大船渡や陸前高田の残存集落調査をしています。

どんな生活文化があり、空間が変容してきたのか。

その中に現代に活かせる生活の知恵は内在しているのか。

そんなことを考えながら集落を回っています。

岩手の某漁村。

大船渡周辺にはセガイ造りの納屋が見られます。

気仙大工の意匠が納屋にまで展開されているほか、軒の深いその納屋は、保存や収納という地域文化と合わさって、独自の風景を生み出しています。

途中では資料収集も兼ねて建築見学も。 新井千秋先生のリアスホールです。名作でした。

このために出張しています。

#調査

6回の閲覧