• nobusato

今年もACUPに参加してきました。

最終更新: 1月1日


ACUP

それは、年に1度、自分と向き合う大切な時間です。

建築関係者が一堂に会し、

真剣に空間とサッカーを楽しむという企画で、

実に200人近くの建築関係者が一堂に会します。

名だたる建築家も多く参加し、ただただ走ります。

30代と40代と女性が必ずピッチに立っていないといけないという、

優しいサッカー大会です。

初めて参加したのは、23歳のとき。バリバリでした。

27歳くらいから自分のフェイントに置いていかれるようになり、

29歳では体がついていかずに怪我をするようになり、

昨年、ついに青いバンド(30代の証)をつけてプレーしました。

毎年、昨年の自分と戦っています。

同時に、サッカーを介して、懐かしいメンバーと会えるのも幸せな時間。

後輩たちも自分のフェイントにおいていかれる年齢になってきたみたいです。

何気ない会話と時間がすごくうれしい。

アトリエ、設計事務所、トヨタと多種多様な職のみんな、

各々の仕事の話をして情報共有したり、おなじみのくだりをやったりと。

今年は点も決められて最高に楽しかったです。

また来年!


49回の閲覧

最新記事

すべて表示

よなよなzoomに出ます。

パーシモンヒルズ廣岡の建築・都市・まちづくり・文化にかかわるトークを仕事終わりにゆるーく行うバラエティ 「よなよなzoom」 というイベントに出ます。 「地域入り込みプランナー」というくくりです。 ひな壇後方からガヤる感じで参加できればいいんですが、みんな初めましてなので、あんまりカットインできないかも...。 ひとまずお酒を片手に参加します。 だらだらっと、答えのない疑問なんかをお話しするかも。

朝日新聞・先端人に載りました

3月15日付の朝日新聞、先端人というコーナーに載りました。東海圏の研究者を紹介するコーナーです。 震災時に訪れた地域との出会いが、研究者としての歩みの原点です。いまも友や仲間に会いに訪れ続けています。 そんなことが書かれています。