• nobusato

名城大学建築学科 作品・論文集


名城大学建築学科の作品・論文集を作りました。

時間が少なく、なかなかクオリティに難があり少々恥ずかしいのですが...。

今回編集したのは昨年度の作品です。

今年度以降のものは、学生と一緒に編集作業を行い、もう少しデザインされたものにする予定です。

名城大学建築学科でにきて、1年とちょっとになります。

学生の課題・卒業設計のレベルは、決して低くないです。

なので、学生の頑張りをもう少し、対外的にも「見える化」したく、編纂しました。

学生の努力の結晶である本書を通して、学外の方々に本学科・専攻の活動を見ていただき、叱咤激励やご感想をいただければ幸いです。

#授業

67回の閲覧

最新記事

すべて表示

近況 8/12

早いもので前期が終わり、採点に勤しんでいます。 前期は見知らぬオンライン授業というものにトライし、それでも教育の質を落とさないように努力を続けていた期間でした。2年ぶりに全授業をリニューアルして(不思議と2年周期で直している)、色々な学びの場面を提供しつつ、ゼミ生のモチベーションを維持しながら頑張れる環境を整えていた感じ。 なかなか先を見通せないフィールドワークは凍結。 個々のプロジェクトは速度を

農村計画学会の機関紙に寄稿しました。

農村計画学会という、とても素敵な学会に寄稿しました。なんと超若手ながら4ページも書かせていただきました。 農村計画学会 2020年6月号目次 農村計画学会、思えば、博士課程3年次かなぁ、論文を読み漁っていると、とても精度の高い論文が多く興味を持ったため、東京大学で行われた大会に参加してみた。なんのコネクションもない場だったので、ただ学会のポスターセッションをみて、それでシンポジウムを聞きました。