佐藤布武

Nobutake SATO

 

博士(デザイン学)

集落研究 / 建築企画 / 設計施工 / まちづくり /  デザイン

建築計画を専門とする研究者で、農山漁村をフィールドに集落・民家の研究を行っています。歴史資料を調べ、街を練り歩き、集落の古老に話を聞くことで、地域の伝統的な住環境形成手法を明らかにする研究を蓄積しています。

また、宮城県石巻市などでまちづくり活動をしています。

建築企画・計画・設計・施工と一連で建築を捉えることを目標にしています。

[略歴]

1987  千葉県白井市生まれ

2006 千葉県立薬園台高等学校 卒業

2011   千葉大学デザイン工学科建築系 卒業

2013  筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻 修了

2016  筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻 修了

     博士(デザイン学)取得

 

学生時代に橋本剛、貝島桃代、栗生明に指事。安藤邦廣、塚本由晴の影響も色濃い。

2016-2018

     筑波大学芸術系・大学院世界遺産専攻 助教

2018- 

     名城大学理工学部建築学科 助教

 

 

[非常勤講師]

2019 名古屋女子大学