歴史の道・金華山道の活用

2013年から継続的してきたプロジェクトです。石巻市牡鹿半島には奥州三霊場の一つ金華山があります。「三年続けてお参りすれば、一生お金に困ることはない。」とも言われ、歴史的にも多くの人が訪れてきた場所です。まだ交通網が発達していない時代、人々は半島の峠を越え、浜を歩き、金華山を目指してきました。牡鹿半島内には未だに金華山道と呼ばれる古道が存在しますが、海の生業の発達とともに山との関係が離れてしまい、現在では使われていない、忘れ去られつつある山道となっています。2013年に古道の調査・活用方法検討ワークショップ・活用計画の策定を、2014年に部分的な道の整備・歴史を伝えるツアーを行いました。