top of page
  • nobusato

飯豊町での研究成果報告会

更新日:2020年1月1日


3/18に山形県飯豊町で半年間の研究成果報告会を実施しました。

散居村の価値を文化的景観・造園学・農村計画・建築構法・環境工学という多角的視点から分析しました。

写真のカザライをはじめ、飯豊町には木材資源を有効に活用した美しい景観が広がっています。

これらを如何にして守っていくのか。

微力ですがそのためにできることを、学術的視点から次年度以降も探っていければと思います。

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近考えていること。2024

毎年、新年になると書く、現在地の確認。 そして、昨年を思い返す。 名古屋に来てから定期的に書くようになったから、もう6年目。 2016年は「地域の自助・共助・公助」 2019年は「建築文化」 2020年は「リサーチング・プレーヤー」 2021年は「楽しいが身の回りにあること」 2022年は「生活民芸舎」 2023年は「むきあう」 2024年は「暮らしをつくる」 ーー 2023年は、プロジェクトが

bottom of page