• nobusato

 近況 10/17

気がついたら前回の更新から2ヶ月経っていました。

その間、色々な動きがありました。


・日本建築学会:東日本大震災10周年シンポジウムWG5 東海支部

では、色々な研究者のお話を聞いていただき、また、自分の経験をお伝えする機会でもありました。未来の沿岸部のあり方を少しでもよくする手助けができれば、何よりです。


・オブザーバー|よなよなZOOM公務員回

特に、よなよなZOOMは本当に、面白い。だんだん関わりも増えてきました。良いムーブメントを産めないか、学生と画策中です。そのうち報告します。


・名城大学:バーチャルリサーチフェア

なるものに出しました。特段リアクションはなかったです。精進します。


・授業|名城大学設計課題:自邸

渾身の課題を出しました。北垂れ・角地・微傾斜という、そこそこ難しい課題を2年生に出しました。そして今年は、「将来の建築家としての自邸」という課題設定もしました。難しいけど、面白い案が出てくることを期待しています。こちらも続報します。


・自宅設計施工

ようやく床壁天井の断熱改修、キッチン新設、窓の取り替え(外注)が終わった感じです。なんとか冬に入れそう。

あとは薪ストーブの導入を急ぎたい。


・研究室プロジェクト

は、おいおい報告します。


大学も徐々に日常に近づいてきて、学生と何かをすることも徐々にできてきました。

今までは、ずっと、休みなし、休日は地方を飛び回っていました。ここ10年くらい。


今年は、外に出れなくなり、動画をみまくったり本を読み漁ったり、インプットの種類が変わってきました。

自分の建築との関わり方をどうしようかなぁ、とか、

色々と考えることが多い数ヶ月でした。

まとまったらまた書こうかと。

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

近況 8/12

早いもので前期が終わり、採点に勤しんでいます。 前期は見知らぬオンライン授業というものにトライし、それでも教育の質を落とさないように努力を続けていた期間でした。2年ぶりに全授業をリニューアルして(不思議と2年周期で直している)、色々な学びの場面を提供しつつ、ゼミ生のモチベーションを維持しながら頑張れる環境を整えていた感じ。 なかなか先を見通せないフィールドワークは凍結。 個々のプロジェクトは速度を

農村計画学会の機関紙に寄稿しました。

農村計画学会という、とても素敵な学会に寄稿しました。なんと超若手ながら4ページも書かせていただきました。 農村計画学会 2020年6月号目次 農村計画学会、思えば、博士課程3年次かなぁ、論文を読み漁っていると、とても精度の高い論文が多く興味を持ったため、東京大学で行われた大会に参加してみた。なんのコネクションもない場だったので、ただ学会のポスターセッションをみて、それでシンポジウムを聞きました。